「寮にたどり着いた!初めてのコインブラ散策!」 ミーのポルトガル留学日記 その2

「寮にたどり着いた!初めてのコインブラ散策!」

 ミーのポルトガル留学日記 その2

 

 27日の夕方五時半頃、コインブラに到着!まだ辺りは明るく、太陽は真上から少し傾いたくらい。沈む気配はまったくない!

 三週間滞在する寮に到着した…かと思ったけれども、管理人のカルロスさんが日曜日で受け付けに誰もいない!! チェックインできずにバスの中で待つこと30分…(*´・ω・`) カルロスさんの緊急連絡先に連絡してやっと寮にチェックインできました。

 

寮のまわりのようす

 

 

 寮は、二人部屋で日本人の一個したの子と一緒。シャワーとトイレは共用。部屋は白を基調とした清潔だけど使い込まれた感じ。3週間生活するのでスーツケースの中はほとんど出してクローゼットに収納しました。

寮の部屋の中はこんな感じです。

夜のコインブラ

 

 6時半頃まだまだ明るいので、近くのスーパーにいくことにしました。おんなじ学校の子たちと徒歩20分くらいのスーパーに向かうも、少し迷ってしまい、意図せずコインブラの街散策になりました😃

 

 私たちの寮はコインブラの一番北の山際に位置していて、ただでさえとっても田舎です!しかもその日が日曜日だったこともあり、通行人はほとんどおらず、どの店も営業してません…

 日が暮れていくにつれて、段々、あまりの閑散としてる感じに心細くなってきます。しかし、やっと!目当てのスーパーを見つけました。

 

 その日は、夜も遅かったので出来合いの大きなチキンをメインに、牛乳、チーズ、ブレッドなどを買い、軽めの夕食に。

 

 シャワーを浴び、明日の初登校に向けて早めに寝ます。ポルトガルは一日の中に四季があるといわれてるぐらい気温差が激しく、コインブラの夜は、8月後半なのにも関わらず気温が極端に下がり、16度くらいでした。

 ここで、私が明日から参加するコインブラ大学の短期留学コースについてを書きたいと思います。

 ポルトガル最古かつ最高学府であるコインブラ大学が、夏季の間に開講するコースで、対象は、ポルトガル語が母語ではない外国人のポルトガル語学習者です。

 今年は、8/28-9/16の期間、平日に講義が開講され、この3週間で68時間の授業を受けます。

 内容は、クラス分けテスト後に分けられるクラスレベルによりますが、「ポルトガル語」を学ぶことが目的となっていて、文学部のコースに分類されています。

 私は日本の通ってる大学のグローバル教育センターから寮や航空券込みで申し込みましたが、コインブラ大学と直接やり取りして申し込むこともできます。

 校舎や、図書館、校内のチャペルなどの建築物が世界遺産に登録されており、世界の美しい大学ランキングにもランクインしているコインブラ大学で、学べるので、ポルトガル語を勉強している人にはおすすめのコースです🙋

連載 『ミーのポルトガル留学日記
1 23 4 5 6 7