「スターアライアンス!?」 英単語ちょっとプラス ノアのVisual Dictionary その3

「スターアライアンス!?」
英単語ちょっとプラス ノアのVisual Dictionary その3

 

 

 

 第3回になりました、ノアのVisual Dictionaryです。

  クオリティからお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、このVisual Dictionaryで使用している画像には、ネットのフリー画像サイトから使わせていただいているものと、自作の画像とがあるのですが、今回は割と自作のものが多めです。

 どれが私が作成したものか分かるでしょうか?(笑)

 

 

⒈ aggravate 【動】悪化させる

  病気などが何かの要因によって悪化する/したことを表すのに使います。そのため、人の状態について述べる場合でも主語は悪化した原因となるものになります。

 また、前回登場したafflict(【動】苦しめる)と同様に社会や経済情勢についても使うことができ、例えばThe crisis has been aggravated.(危機が深まった。)などと言うことができます。

 

⒉ alert 【形】警戒した

 携帯やパソコンを使っている際にアラート機能というものを使ったことがあるという方もいるのではないかと思いますが、その「アラート」です。

 アラート機能とは、例えばある会社の株価が事前に設定した値段になると音などを出して教えてくれるという機能ですが、この例でいえば株価に注意を払っていて、つまり「警戒して」いて、設定値に達すると警告してくれるわけです。

 この緊張をピンと張りつめたような状態が alertが表している状態です。

 

⒊ alliance 【名】同盟

  企業同士の結び付きなどを表すのに日本語でもカタカナで「アライアンス」と使われているのを見聞きしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

 私が聞いたことのあるものだと、世界各国の航空会社の同盟でスターアライアンスというものがあります。

 たまに飛行機のアナウンスなどで自社のことを「スターアライアンスメンバー」と紹介しているのを聞きます。

 

⒋ allude 【動】暗に示す

 「言外の意」のようなものを含んで何かを言ったりする際に使う語句です。

 英語だとこのように何か裏の意味を含んである言葉を言うときに左の写真のように両手で「“ ”」(ダブルクォーテーションマーク)を作るジェスチャーをすることがあります。

 

⒌ alternative  【名】取って代わるもの

 代替案や代替エネルギーなどといった文脈で、英検、TOEIC、TOEFLといった英語資格試験で頻出の単語です。

 受験予定の方には特に覚えていただきたい語句です!

 

 

 

⒍ amass  【動】蓄積する

 富など特に貴重な物を大量に蓄えるというイメージの語句です。

 そもそもmass自体が、マスコミュニケーション、マスメディアというように「多数、大量」の意味を表す語なので、そこからの派生と覚えると覚えやすいかと思います。

 

⒎ ambiguous 【形】曖昧な

 もっと簡単な語で言ってしまえばunclear(明確でない)ということですが、特にambiguousには「複数の意味を持っている」という意味が含まれ、そのために「曖昧である」ということです。

 画像は見方によって向き合う人にも壺にも見えるという有名な『ルビンの壺』ですが、『ルビンの壺』のように考えようによってどちらとも取れて分かりにくい、というのがambiguousの表す曖昧さです。

 

 第3回目、いかがでしたでしょうか?これで累計約20個の単語を覚えたことになります。
 ちなみに、冒頭のクイズ(?)の答えですが、私の作ったものはallude、alternative、ambiguousの画像でした。7番のalternativeは自明ですかね(笑)

連載 『英単語ちょっとプラス ノアのVisual Dictionary
1 2 34 5 6 7 8 9 10 11 12 13