「Visual Dictionary作成の一番の楽しみとは・・・」 英単語ちょっとプラス ノアのVisual Dictionary その16

「Visual Dictionary作成の一番の楽しみとは・・・」

英単語ちょっとプラス ノアのVisual Dictionary その16

 

 

 

 第16回ノアのVisual Dictionaryです。

 今回は映像としてイメージしやすい単語が多く、画像探しがサクサク進みましたー(笑)

   それでは今回も頑張っていきましょう!

 

 

 

 

⒈ designate 【動】指定する

 designateに含まれるsignにはそのままsignで「署名する」の意味になることからもわかるように「印を付ける」という意味があります。

 「印を付ける」→「指定する」というイメージでしょうか。

 ちなみにdesignated areaで「指定区域」という意味で単語帳に記載されていたので、それで覚えていました。

 

⒉ detour 【動】迂回する

 接頭辞de-には「離れて」という意味があります。なので私は「tour(ツアー)から+de-(離れて)」→「ルートを外れて迂回する」と覚えています。

 

 

⒊ devastate 【動】荒廃させる

 「打撃を与えて荒廃させる・壊滅させる」というニュアンスの語です。形容詞vastが「広大な」という意味なので、「広範囲に渡って打撃を与える」→「荒廃させる・壊滅させる」と覚えています。

 

 

 

⒋ devise 【動】考案する

 考えや何かの手段や装置などを考案するという意味の語です。コンピュータの機能や周辺機器のことをデバイスと言い、何となく意味的にも動詞のdeviseと関係がありそうですが、その場合の「デバイス」はdeviceなのでご注意を!

 

 

⒌ diagnosis  【名】診断

 英検準一級を受験した際に買った単語帳の音声CDで聴いて覚えたなーという記憶があるのですが、発音に注意な単語です。

 そのまま読むと「ディアグノシス」と読めますが、正しくは「ダイアグノシス」とスペルにはないaの音がdとiとの間で発音されます。

 

 

⒍ dignity 【名】威厳

 「高位・爵位」などといった意味もあり、役職や階級による威厳・尊厳という意味で使われる語です。dignity in~で「~における威厳・尊厳」、dignity of~で「~(人など)の威厳・尊厳」のように使います。

 

 

 

⒎ dimension 【名】側面

 「側面」という意味の他「次元」という意味もある語です。例えばtwo-dimensionalで「二次元」、three-dimensionalで「三次元」を表しますが、英検の長文中などでは「○○の側面においては」など「側面」の意味で使われることの方が多いかと思います。

 

 

 自分のイメージにぴったり合うような画像が見つかると「これだー!」となんだかすごく嬉しくなります(笑)

 実は画像探しがこの記事を書いていて一番の楽しみだったり・・・

連載 『英単語ちょっとプラス ノアのVisual Dictionary
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 23 24